閉ざされた楽園


たくましく

枯れ草を払いのけるように,次々と背を伸ばします。
春の日は,一時たりとも無駄にはできません。

<< back

index

next >>